葛飾区東金町の鍼灸接骨院なら下田整骨院へ。金町で開業以来40年の治療実績・来院実数1万人以上!

〒125-0041 東京都葛飾区東金町3-32-11 下田ビル

03-3600-4785

下田整骨院ブログ
  • 適応症状
  • 腰の痛み
  • 首の痛み(肩こり)
  • 左・右 肩の痛み・違和感
  • ひじ・手首の痛み
  • 膝・足首の痛み
  • 慢性症状
  • むち打ち(交通事故)
  • 施術方法
  • 整骨
  • マッサージ
  • 鍼(針)・灸
  • 整体・カイロプラクティック
  • せきずい活性法
  • ENB療法
  • プロテック(腰部坐位牽引法)
  • ヘルストロン
  • 交通事故治療
  • お知らせ・ブログ
  • 日焼けマシーン
    

2014.5.27 バドミントン・日本男子が団体戦で世界一に! @葛飾区東金町 下田整骨院

こんにちは。

先日、バドミントン男子団体戦の
世界一決定戦・トマス杯で
日本が優勝しました。

なんだか
さらっと書いてしまうと、
「へー、日本って強いのね」と
さらっと思われてしまいそうですが、
これは本当にすごい事なんです。

日本男子は、
もともと世界のトップ級ではなく、
中国、マレーシア、韓国など
強豪国とは
だいぶ差をつけられていました。

五輪の正式種目になった頃は、
まさに「出ることに意義がある」という
考え方でした。

当時の、日本のトップ選手と
実際にお話をした際に、
「五輪出場は、ご褒美みたいなもの」と
いう話をされていました。

聞いていた私も、
この言葉に対して
何の違和感もありませんでした。


当時はそれだけ、
世界の頂点との差が
あったということなんです。

それが2000年代に入り、
女子単の廣瀬選手が
中国で独占されていた
世界のトップ争いに食い込み始め、
女子複では
北京五輪で末綱・前田組が4位、
ロンドン五輪では
藤井・垣岩組が銀メダル獲得…と
女子が世界のトップ争いを
するようになりました。

女子の活躍に、
男子も負けじと
頑張ってきた結果が
今回の団体世界一だったのでしょう。


ここで、いま改めて
「五輪出場は、ご褒美みたいなもの」 という
コメントを聞くと、
違和感を覚えます。

それだけ、
この10年ほどで
日本のレベルが
上がったということなんでしょう。

バドミントン大好きの私としては、
これをきっかけに
バドミントンに光が
当たるようになればいいと願っています。

          投稿者:バドミントンマン


口コミでおすすめされる評判の接骨院
葛飾区東金町 下田整骨院

    

2014.5.26 ストレッチ専門店に… @葛飾区東金町 下田整骨院

こんにちは。

このところ、都内でも近県でも
「ストレッチ専門店」というお店を
見かけるようになりました。


医療ではなく、
完全にリラクゼーション目的の店なので、
整骨院とは別業態ですが、
どんなことをするのか興味があったので、
先日、行ってきました。


2カ月の研修をしたという
ストレッチのトレーナーさんが
一生懸命ストレッチをやってくれました。

受けている時は気持ちよかったのですが…

終わった後、かなりの痛みが。。。


ただ、
当院でも「中川式ストレッチ」を導入しているように、
ストレッチは
治療には大きな効果を持つものです。

「お、このストレッチは治療に使えるな」
「あ、これは筋肉に無理な負担がきている…」など
自分の治療に生かせないか考えながら、
受けてきました。

整骨院の柔道整復師は、
養成機関で筋肉・骨格系の勉強を3年以上して
国家試験に合格した
「筋肉・骨の専門家」です。

その知識を生かしてストレッチをしたら、
かなり効果的な治療が
できるのではないかと感じました。

痛みは残りましたが、
収穫は得てきました(笑)
              投稿者:バドミントンマン


口コミでおすすめされる評判の接骨院
葛飾区東金町下田整骨院

    

2014.5.21 野球肩 @葛飾区東金町 下田整骨院

こんにちは。


今回は、野球肩についてです。

野球で肩を痛めるのを
年令で2つに分けると、

・10代中盤ぐらいまで → リトルリーガー肩
・10代中盤以降 → いわゆる野球肩

のケースが多いです。

成長期の障害であるリトルリーガー肩は、
成長軟骨を痛めていることもあり、
プレーを続けながら治すことは難しいです。

ただ、回復の早い成長期ですから、
重症になる前に
適切な治療と安静があれば回復可能です。

10代中盤以降の
いわゆる野球肩は、
成長軟骨ではなく
筋や靭帯の損傷が多く、
炎症を抑えながら治療をしていきます。


いずれにしても、
原因は肩単体ではなく、
投球フォームに問題がある場合が多いです。

多くのケースでは、
肩を痛める時には、
ひじが下がっていて、
ひじが下がっている時には、
広背筋に問題があるようです。

さらに、広背筋が
固まっているということは…と
次々とつながっていくわけです。

人間の体は、
1つのパーツだけで動くものではなく、
それぞれの関節・筋肉が
干渉しながら動いています。

肩だけにアプローチするのではなく、
並行して
問題個所にアプローチすることで
正しい投げ方を取り戻し、
全力投球できるようにもっていきます。

            投稿者:バドミントンマン


口コミでおすすめされる評判の接骨院
葛飾区東金町 下田整骨院