葛飾区東金町の鍼灸接骨院なら下田整骨院へ。金町で開業以来40年の治療実績・来院実数1万人以上!

〒125-0041 東京都葛飾区東金町3-32-11 下田ビル

03-3600-4785

お知らせ

  • 適応症状
  • 腰の痛み
  • 首の痛み(肩こり)
  • 左・右 肩の痛み・違和感
  • ひじ・手首の痛み
  • 膝・足首の痛み
  • 慢性症状
  • むち打ち(交通事故)
  • 施術方法
  • 整骨
  • マッサージ
  • 鍼(針)・灸
  • 整体・カイロプラクティック
  • せきずい活性法
  • ENB療法
  • プロテック(腰部坐位牽引法)
  • ヘルストロン
  • 交通事故治療
  • お知らせ・ブログ
  • 日焼けマシーン
 
    

2018.3.5 30代には始まる“回復力の低下” 継続した身体のケアが大切です!: 「若いころは、疲れなんて寝ればとれたのに、最近は特別に動いていなくても、疲れが残る」という方に知っていただきたいお話です。

「若いころは、疲れなんて寝ればとれたのに、最近は特別に動いていなくても、疲れが残る」という方に知っていただきたいお話です。
私たちの体には自己治癒力・回復力があるので、少々の疲れは休むことで回復します。
しかし、この回復力も加齢によって落ちていきます。
「若いころは、疲れなんて寝ればとれた」は、まさにその通りで、個人差はありますが、一般に30歳を過ぎるころから回復力は“右肩下がり”です。

 若いころの回復力を100とすると、毎日家事や仕事で100疲れることをしても、【100-100=0】で、疲れは持ち越しません。

昔に比べて半分ぐらいしか動いていなくても、、加齢により回復力が20に落ちれば、【50-20 = 30】で、30の疲れを持ち越すことになってしまいます。
家事や趣味で毎日この状態が続けば、30が60になり、90,120…と毎日疲れが蓄積していきます。
ここに回復を30助けるマッサージを加えると、【50-20-30 = 0】で、疲れは持ち越さなくて済むわけです。

 当院で継続した身体のケアをして、寝起きもスッキリ! 疲れを残さず元気な毎日を送りましょうね!

あなたの身体のお悩みお聞かせ下さい。

是非一度、下田整骨院にご相談ください。

03-3600-4785